12 1, 2016

アクセス権限を利用したPineインジケータの紹介

アクセス権限を利用したPineインジケータの紹介

以前Pineスクリプトを使ってソースコードを保護する方法についてご紹介しました。今回は次のステップについてご紹介します。理由は様々ですが、これはIPを保護したい法人の方や決められた人のみにサービスを提供するトレーダーの方々に非常に便利です。もしインジケータの販売等を考えられている方は他のサイトでこの販売を行い、アクセスをここで付与することが可能です。

公開する際に”招待者のみへの公開スクリプト”を選択するとあなたが追加したユーザーのみこれを利用できます。

pineeditor1

公開したスクリプトのページ内に”アクセス管理”ボタンが表示されます。ここで追加・削除を含めたアクセス管理を行うことができます。

pineeditor2

“招待者のみへの公開スクリプト”のインジケータは公開ライブラリにありますが作成者の許可なしではチャートに追加することができません。そしてその作成者のみソースコードを見ることができます。あなたのアクセス制限付きの公開したスクリプトは新しいセクションに表示されます。

pineeditor4

こちらにサンプルを作りましたのでご確認下さい!

 

ご意見、ご感想お待ちしております。