11 8, 2016

11月7日データの不具合(何が起こったかについて)

機能のデータの停止についてのフォローアップとなります。ICE社のデータはハードウェアの故障により影響を受けました。バックアッププランは作動せずこれについて説明を待っているところです。

まずユーザーの皆様にご迷惑をお掛け致しましたことをお詫び申し上げます。データ元に問題があったとしても、ユーザーの皆様は弊社のサービスを通してデータを確認しトレードの判断を行っていることを重々理解しております。ユーザー様は日々弊社のサイトを使いTradingviewのコミュニテイはユーザー様の信頼を基に築かれております。

弊社は技術的ないしはその他のあらゆる問題に対して真剣に取り組みます。弊社の方で今回の件で影響を受けた有料ユーザーの皆様に返金をおこねっております。サポートの方にご連絡下さい。以下この問題がどのように行ったかについてのご説明となります。

まずフィナンシャルデータについてとなります。証券取引所は概ねデータベンダーと呼ばれる大企業を通してデータの配信を行います。これらの会社はデータの収集を行いこれを生成、パッケージ化してTradingviewのようなサービス提供会社へ再配信を行います。

弊社は最近Intercontiental Exchange社によって買収されたInteractive Data社(現在の会社名 ICE Data社) からこのデータの購入を行っています。データは暗号化されたセキュアなチャネルでVPNを通してストリーミングされます。弊社はメインデータ並びに予期せぬ事態に備えたバックアップデータの維持と支払いを行っています。今回のケースは上記のデータ両方がダウンしました。そして弊社としては問題のあったICE Data社からの回答を待つ他には対応ができませんでした。そしてまだ先方から何故この問題が生じたのかまたどのようにこれを防ぐことが出来るのかについての回答を得られていない次第です。

弊社が力を注いで築いたコミュニテイに悪い影響が出ていることを只々見ていることしか出来ない状況は非常に遺憾なことす。そして米国の選挙中というマーケットにとって最もトラフィックの多きそして重要な時期の出来事です。

長くなりましたが、透明性は信頼を築くためには非常に重要なことです。しばらくお待ち下さい。この問題解決後、Tradingviewのコミュニテイがまた力強く発展していくことを願っております。