07 11, 2019

サクソバンクのFXデータと取引パネルからトレードが利用可能になりました!

TradingViewをご利用のFXトレーダーの方に素晴しいお知らせがあります。サクソバンク (Saxo Bank) のForexデータが、TradingViewで利用可能になりました!これによりサクソバンクがカバーする非常に幅広い数多くのFX銘柄をチャートで利用することができます。

サクソバンクのFXデータのチャートでの利用方法

サクソバンクの銘柄を利用するには、チャート画面左上のシンボル検索で、先頭に「SAXO:」のキーワードを入力することで、サクソバンクの銘柄を検索することができます。

シンボル検索右上の「すべての取引所」の部分をクリックし、

一覧から、「Saxo Bank」を選択することでも、

同様に検索対象をサクソバンクの銘柄のみとする事ができます。

実際の動作は下記動画の様になります。下記動画ではシンボル検索で、サクソバンクのドル円を検索してチャートに表示させています。ぜひご活用ください。

サクソバンクの口座に接続し、TradingViewのチャートからトレードを行う手順

またサクソバンク口座をお持ちの方は、TradingViewの取引パネルから直接サクソバンクの口座に接続し、チャートからトレードを行う事が可能です。ご自身のサクソバンクの口座へ接続するには、

1. チャート下部の「取引パネル」(1)を左クリックして取引パネルを開き、「SAXO BANK」のロゴ(2)をクリックします。

2. 接続前に利用規約やリスク等への同意確認が求められます。内容をご確認の上、承諾される場合には、その旨のチェック(3)を入れて、「続ける」(4)ボタンをクリックします。

3. ポップアップの別ウインドウでログイン画面が開きますので、サクソバンク口座のユーザーIDとパスワードを入力し、ログイン(5)ボタンをクリックします。

4. 初回接続時には、サクソバンクの利用規約への同意が求められます。右のスクロールバーで下までスクロールし、内容を確認、同意の上で「承諾する」ボタンをクリックします。

5. サクソバンク口座へ、TradingViewアプリが接続する事の同意が求められます。内容をご確認の上、「承諾」をクリックします。

以上でサクソバンク口座に接続されます。接続後、サクソバンクでは、トレードを行う商品(FXや各種CFD)によりそれぞれ別口座となっていますので、トレードを行う口座をご選択下さい。それ以降のチャートや注文パネルでの取引/ご注文や取引パネルの操作方法は、ペーパートレードなど他のブローカーと基本的に同様です。ぜひご活用ください!

※ 上記画像はすべて現時点(2019年5月時点)のものです。今後デザインや内容が変更される可能性がある点をご了承ください。

重要告知: TradingViewは、ブローカーから受け取ったデータの表示のみを行います。TradingView側でお客様の口座に関する情報を処理や保管することもありません。TradingView側では、いかなる注文も実行せず、注文はブローカ側ですべて処理されます。

TradingViewでは常に機能の改善や、対応の取引所やブローカーの拡大を行っています。
いつもご活用いただき誠にありがとうございます!

TradingView日本からのお知らせです

TwitterとLINE@を利用した有料プランプレゼントキャンペーンを月に1回ほどの頻度で行っています。
Twitterアカウント: https://twitter.com/jp_tradingview
LINE@アカウント: https://line.me/R/ti/p/%40zix1227u

是非登録してみてくださいね!