カスタムバー、カスタムローソク足

From TradingView Wiki
Jump to: navigation, search
Language: English  • 日本語 • Русский

Pineスクリプトを使ってカスタムバーやカスタムローソク足を定義することができます。その為の関数として、plotbarplotcandle があります。こちらは簡単な例です。

study("Example 1")
plotbar(open, high, low, close)

Custom ohlc bars and candles 1.png

スクリプト "Example 1" は現在のシンボルのバーを単純に複製します。ただそれだけです。

バーの色を赤や緑に塗ることができます。

study("Example 2")
palette = close >= open ? lime : red
plotbar(open, high, low, close, color=palette)

Custom ohlc bars and candles 2.png

"Example 2" は実行時に色が処理される例です。引数 ‘color’ では、red や lime、"#FF9090"の様な定数を取ることができます。スクリプト実行時に (‘palette’ variable) の式が計算されます。

関数 ‘plotcandle’ は ‘plotbar’ と似ています。plotcandleはバーの代わりにローソク足を描画します。またオプション引数に ‘wickcolor’があります。

‘plotbar’ と ‘plotcandle’ はどちらも4つの引数が必要です。それらはバーやローソク足のOHLC価格として利用されます。例えばいずれかのバーのOHLC変数のひとつがNaN 値である場合、バー全体が描画されません。

例:

study("Example 3")
c = close > open ? na : close
plotcandle(open, high, low, c)

Custom ohlc bars and candles 3.png

もちろん、‘open’, ‘high’, ‘low’, ‘close’ の値を使わずにOHLC値を計算することもできます。例えばこの様に「スムーズなローソク足」 を描画することができます。

study("Example 4")
len = input(9)
smooth(x) =>
    sma(x, len)
o = smooth(open)
h = smooth(high)
l = smooth(low)
c = smooth(close)
plotcandle(o, h, l, c)

Custom ohlc bars and candles 4.png

上位タイムフレームのOHLC値を描画すると興味深い効果が得られます。60分足のチャートに日足のバーを描画してみます。

// NOTE: add this script on intraday chart
study("Example 5")
higherRes = input("D", type=resolution)
is_newbar(res) =>
    t = time(res)
    change(t) != 0 ? 1 : 0
o = security(tickerid, higherRes, open)
h = security(tickerid, higherRes, high)
l = security(tickerid, higherRes, low)
c = security(tickerid, higherRes, close)
plotbar(is_newbar(higherRes) ? o : na, h, l, c, color=c >= o ? lime : red)

Custom ohlc bars and candles 5.png

plotbar と plotcandle 関数は、どちらも引数に ‘title’ を持ち、ユーザは設定画面の「スタイル」タブで区別できます。



前の項目: plotshape、plotchar、plotarrowを用いた図形の描画, 次の項目: ストラテジー, メニューに戻る: Pineスクリプトチュートリアル