ビルトイン変数 "barstate" でバーの状態を利用する

From TradingView Wiki
Jump to: navigation, search
Language: English  • 日本語 • Русский

ビルトイン変数の barstate を使うと、バーの状態を利用することができます。

  • barstate.isfirst – 現在のバーが範囲内の最初のバーである場合は true それ以外の場合は false
  • barstate.islast – 現在のバーが範囲内の最後のバーである場合は true それ以外の場合は false
  • barstate.ishistory – 現在のバーが過去バーある場合は true それ以外の場合は false
  • barstate.isrealtime – 現在のバーがリアルタイムバーである場合は true それ以外の場合は false
  • barstate.isnew – 現在のバーが新しいバーである場合は、true それ以外の場合は false

すべての過去バーは新しいバーです。リアルタイムでバーを更新する場合、最初のティックのみ新しいバーとみなされます。

※ 関連資料 barstate.isnew

(スクリプトが新しいバーで現在計算している場合はtrueを返し、そうでない場合はfalseを返します。 この変数は、過去バーまたは新しく生成されたリアルタイムバーの最初の更新時に計算される時にtrueです。)

バーの状態を利用したスクリプトの例を次に示します。

study("Example barstate", overlay = true)
first = barstate.isfirst
last = barstate.islast
hist = barstate.ishistory
rt = barstate.isrealtime
new = barstate.isnew

plotchar(close, color = first ? red : na, location = location.belowbar)
plotchar(close, color = last ? blue : na, location = location.belowbar)
plotchar(close, color = hist ? gray : na, char='h')
bgcolor(color = new ? green : na)
barcolor(color = rt ? black: na)
Chart barstate 1.jpg

このスクリプトは、最初のバーの下に赤のシンボル、最新のバーの下に青のシンボルを描画します。過去のバーの上には ‘h’ を描画し、 新しいバーの背景は緑色で強調表示されます。またリアルタイムバーは黒色になります。


前の項目: "Security" 関数で別のシンボルやタイムフレームを利用する, 次の項目: セッションと時間の関数, メニューに戻る: Pineスクリプトチュートリアル