フラッグとペナント

From TradingView Wiki
Jump to: navigation, search
Language: English  • 日本語

概要

フラッグとペナントは継続パターンとみなされます。急激な上昇または急激な下落の後に出現します。フラッグとペナントは、元の上昇や下落が再び継続する前に起こる小さな保ち合いです。フラッグポール(の距離と)は、最初のレジスタンスまたはサポートのブレイク地点からフラッグ/ペナントの最高地点または最低地点までの距離を指します。フラッグ自体は、全体のトレンドから傾斜した小さな長方形です。フラッグの代わりにペナントが形成されることもあります。ペナントは、パターン形成が進むにつれて最初の広い縦幅が一点に収束する小さな(上下)対称の三角形です。通常、ペナントにはほとんどまたは全く傾きがありません。価格変動は、通常、三角形を形成する収束を示すトレンドのライン内に留まります。 一般的に言えば、フラッグとペナントの形成は、通常より大きな全体的なトレンドの継続期間のおよそ半分程度経過した時点で発生します。そして、一旦価格がフラッグやペナントをブレイクすると、元のトレンドが継続します。

フラッグパターンとペナントパターンのキーポイント

  1. トレンド: フラッグとペナントは継続パターンであるため、強気または弱気の明確なトレンドが先に既に存在する。
  2. フラッグポール:フラッグポールは、最初のレジスタンスまたはサポートブレイクからフラッグ/ペナントの最高点または最低点までの距離である。フラッグポールを形成する急激な上昇(または下落)は、トレンドラインやレジスタンス/サポートレベルをブレイクしてきたはずで、このブレイクからフラッグ/ペナントの最高点まで伸びる線がフラッグポールを形成する。
  3. フラッグ: フラッグ自体は、全体のトレンドから傾斜した小さな長方形である。フラッグの代わりにペナントが形成されることもある。ペナントは、パターン形成が進むにつれて最初の広い縦幅が一点に収束する小さな上下対称の三角形となる。
  4. ペナント: ペナントとは、パターン形成が進むにつれて最初の広い縦幅が一点に収束する小さな上下対称の三角形である。
  5. 継続期間: これらのパターンの理想的な持続時間はいくぶん議論の余地がある。フラッグとペナントの形成期間は確実に短期化してきている傾向がある。大半の人は、これらパターンの形成は1~4週間であるべきだと考えている。4週間から12週間の期間となると有効か無効かの結果は混在しており、フォーメーションに12週間以上かかる場合にはパターンの有効性は無い。
  6. ブレイク: 強気のフォーメーションでは、レジスタンスを上回るブレイクは、以前の上昇が再開したことを示す。弱気のフォーメーションでは、サポートを下回るブレイクは、以前の下落が再開したことを示す。
  7. 出来高: フラッグポールの形成中は、出来高が多くならなければならない。また、フラッグやペナントのブレイクアウト時にも、出来高が多くならなければならない。