練行足チャート

From TradingView Wiki
Jump to: navigation, search
Language: English  • Español • 日本語 • Português

定義

練行足チャートは価格変動だけを計測するチャートタイプです。"renko" という英単語は、英単語 "bricks (レンガ)" を意味する日本語の単語「レンガ」から派生したものです。偶然ではなく、練行足チャートは価格変動により作成される一連のレンガから構成されます。練り足のコンセプトはとてもシンプルです。まず最初に、レンガのサイズがユーザーにより事前定義されます。一旦価格がユーザー定義の「レンガサイズ」を超えて変動すると、一番最新のレンガの上か下に、新しいレンガがチャートに追加されます。



重要な注意点は、新しいレンガは価格変動が事前定義の「レンガサイズ」を完全に「満たす」場合にのみ追加されるという点です。価格が(上または下の)前のレンガの値を超えた場合でも、価格変動が十分大きくなるまで新しいレンガは形成されません。例えば、レンガサイズを2ポイントに設定し、最後のレンガが52ドルから54ドルの価格をカバーするとします。この時新しいレンガは、価格が56ドル以上または50ドル以下になるまで形成されません。価格が56ドルを超えると(例えば57ドル)、新しいレンガは56ドルまで形成されます。

レンガの配置に関して2つのルールがあります。

  1. レンガは常にそれぞれの角に密接します。
  2. 縦列に複数のレンガを重ねることはできません。

レンガのタイプ

'TradingViewの練行足チャートに描かれるレンガには4種類あります。

  1. 上昇レンガ – 前のレンガの上に形成されるレンガ
  2. 下降レンガ – 前のレンガの下に形成されるレンガ
  3. 上昇予測レンガ – イントラデイのタイムフレームで、(実際に終値が確定する前に)現在価格に基づき形成される上昇可能性のレンガ。
  4. 下降予測レンガ – イントラデイのタイムフレームで、(実際に終値が確定する前に)現在価格に基づき形成される下降可能性のレンガ。

レンガの計算方法

レンガの計算には2つの異なる方法があります。
1.	アベレージ・トゥルー・レンジ (ATR)  アベレージ・トゥルー・レンジ (ATR) インジケータで生成された値を利用します。
        ATRは金融商品のノイズやボラティリティを除外する為に用いられます。ATR方式では「自動的に」適切なレンガサイズを決定します。
        通常のローソク足チャートでATR値がどのようになるかを計算し、その値をレンガサイズとします。

2.	従来方式  レンガサイズにユーザーが事前に定義した絶対値を用います。
        価格の変動が少なくとも事前に定義したレンガサイズより大きい時にだけ新しいレンガが作成されます。
        この方式のメリットは、とてもシンプルで、新しいレンガが形成される時期や位置の予測が容易な事です。
        逆にデメリットは、特定銘柄で正しいレンガサイズを選択するには、しばらく検証を行わなければいけない事です。
        一般的にレンガサイズは現在の値の20分の1ほどに設定します。

練行足チャートを利用する

一般的に練行足チャートを利用するトレーダーは、使いやすく解釈が容易であるため練行足を利用しています。練行足は価格変動以外の他すべての変数を除外するので一般的なローソク足とも異なります。練行足チャートには多くの使い方があります。いくつかの一般的な使い方としては、基本的なサポート&レジスタンレベルやブレイクアウトを見つけたり、追加インジケーターでシグナルを生成させるといったものがあります。


サポート&レジスタンスレベル – 練行足チャートを使うと、しばしばサポートとレジスタンスレベルの間でバーが生成される場合に、トレーディングレンジが明確になります。


ブレイクアウト – サポートとレジスタンスのトレーディングレンジ内で反発を繰り返した後、ボックスが定義された方向に生成され始めるとブレイクアウトが発生します。


買われすぎ/売られすぎ – 練行足チャートでトレードシグナルを確認する為に追加インジケーターを使う良い例として、練り足でRSIを利用して、買われすぎ/売られすぎを判定する方法があります。

TradingViewの練行足チャート設定

Renko new.jpg

上昇バー – 上昇レンガの色と枠を変更します

下降バー - 下降レンガの色と枠を変更します

上昇予測バー - 上昇予測レンガの色と枠を変更します

下降予測バー - 下降予測レンガの色と枠を変更します

ヒゲ - ヒゲの有無とヒゲの色変更します

ボックスサイズの計算方式 – レンガの計算方式にATR方式か従来方式を選択できます

ATRの期間 – レンガ計算方式にATRを選択した時、この値にはATRを(過去に遡る)期間を設定します。14がデフォルトです

ボックスサイズ – レンガ計算方式に従来方式を選択した時に、この値がユーザー定義のレンガサイズとなります。