06 23, 2020
Pineスクリプトの新しい関数: `line.get_price()`

Pineスクリプトに line.get_price() という新しい関数を追加しました。特定のバーでラインが位置する価格レベルを取得する為に利用できます。この関数は、価格とトレンドラインの交差ポイントを識別したり、ラインに沿った正確なレベルにラベルを配置する為にも利用できます。以下はこの新しい関数でラインにラベルを配置する例です:

//@version=4
study("GetPrice", overlay = true)
var line1 = line.new(bar_index[0], high[0], bar_index, low, extend = extend.right)
line.set_xy1(line1, bar_index[25], high[25])
line.set_xy2(line1, bar_index[5], high[5])
var label1 = label.new(bar_index, high, text = "Possible intersection point",
 style = label.style_label_lower_right, size = size.large)
label.set_xy(label1,bar_index, line.get_price(line1, bar_index))

この関数の詳細については、Pineスクリプトのリファレンスガイドをご覧ください。

このアップデートがお役に立てば幸いです。お客様のニーズやご要望をより理解する為に、今後も引き続きコメントやフィードバックをお寄せください。


TradingViewの日本公式LINEでは毎月プレミアム6ヶ月分が当たる抽選券を配布中です!

The fastest way to follow markets

Launch Chart