07 17, 2015

すべてのユーザーのためのライブシュミレーション/ペーパートレード  

ペーパートレードはすべてのユーザーに公開されているベータ版で起動します。

まだベータ版ですので是非お気づきの点がございましたらレポートして下さい。

ペーパートレード(シュミレーショントレードとも呼ばれます。)は”想定”したお金を使ってトレードを行うことができ証券の売買を練習することができます。全てがリスクを伴わないものの、技術的には実際のお金を使ってトレードするのと同じです。私たちはあなたの注文を測定し、アカウント上の損益(PL)がどのような状況であるか、あなたのトレードの腕が良いか測定できるシステムを開発しました。

近い将来にあなたがトレードを行う準備が整い、実際のトレードのアイデアに対して売買を行えるように証券会社との接続を加えるかもしれません。

主要機能

ペーパートレードを使うためにまずログインして下さい。デフォルトであなたのアカウント残高は$100,000ドルでいつでもリセットが可能です。

チャート上には新たに移動可能な、素早く注文を行える”Buy/Sell”パネルがあります。実際にあらゆる証券をトレードができます。(インデックスはトレードできませんがそれに相応するETFはトレードが可能です。)

”Buy/Sell”パネルは右クリックで”非表示”を選択し非表示にすることが出来ます。非表示のパネルはチャート設定上のトレーデイングタブから再表示させることが出来ます。

もう一つの発注を行う方法はチャート上でエントリーする値段を右クリックする方法です。注文は上下にドラッグして変更を行うことが可能です。

buysellpanel

chartentry

チャート設定はどのように注文とポジションを表示するかを設定できます。(オーダー発注矢印、ライン設定など)

chartsetting

トーレドパネルはチャートの下にあります。それにはオープンポジションと注文のリストがあります。ここでトレード中のものないしは全てのトレードを表示するか設定が可能です。

tradepanel

チャートを再読み込みするとアクテイブではない注文は削除されます。

注文の編集、手仕舞い、キャンセルはチャート上ないしは

reversepositon

トレードパネル上で可能です。

tradepanel-2

そして

editposition

トレード履歴とジャーナルタブはもっと詳細な情報を提供し、これはトレーデイングパネルないしは右クリックでアクセス可能となります。

editposition2

アカウントはいつでもリセットできます。リセット後は注文履歴や残高はデフォルトの状態に戻ります。リセットはアカウント設定のなかにあります。

reset