04 15, 2019

TradingViewで東京商品取引所(TOCOM)の先限つなぎ足がご利用頂けるようになりました。

日本の商品トレーダーの方に素晴しいお知らせです!東京商品取引所 (TOCOM) の銘柄で「先限つなぎ足」がご利用いただけるようになりました!

海外の株式/商品先物市場や日本でも日経225先物といった株式指数では、通常直近の限月である当限の出来高が最も多く、つなぎ足もそれら当限を繋ぎあわせた「当限つなぎ足」が一般的に用いられます。TradingViewでも先物については当限つなぎ足(ティッカー: 銘柄名 + 1!)をご提供しています。

しかしながら日本の商品相場では、伝統的に最も遠い限月の出来高が多く、つなぎ足も先限つなぎ足が用いられてきました。日本の商品相場は6限月制となっており、現在から最も遠い6番限と5番限が「期先」と呼ばれ、最も取引量が多くなっています。また6番限は先限と呼ばれ、それらを繋げた「先限つなぎ足」が日本の商品相場では一般的に用いられています。

これまでTradingViewでは、TOCOMの銘柄も当限つなぎ足のご提供となっておりました。しかしこれからは、TOCOMの銘柄では先限つなぎ足をご利用頂けます!例えばTOCOMの東京金先物は、こちらのページから詳細情報がご覧いただけます。チャート画面への遷移も可能です。

チャート画面からは、左上のシンボル検索で「TOCOM:」の後にキーワードを入力することで、TOCOMの銘柄を選択することができます。もしくはシンボル検索右上の「すべての取引所」を「TOCOM」に変更することでも同様に検索できます。検索結果の「銘柄名+1! (Continuous: Far Month Contract)」が先限つなぎ足となります。同様に、2!は先限の前の5番限をつなげたものとなります。

なおデフォルトでは、他の株式や先物の取引所と同様に、東京商品取引所 (TOCOM) の銘柄は遅延データが表示されます。

Premium/Pro+/Proといった有料プランの方はTOCOMの追加データを購読される事で、TOCOMの銘柄のリアルタイムデータの表示が可能です。


※ 価格は取引所の要求により変更される可能性があります。

追加のリアルタイムデータの購読は、プロフィール設定のアカウントとお支払いタブから、もしくはプラン比較のページからお申込みが可能です。ぜひご活用ください!

今後もさらなるアップデートを行う予定です。TradingViewをご利用頂き誠にありがとうございます!